cx_Freezeを使ってPython実行ファイル(exe)を作成する方法 | Python

cx_FreezeというPythonライブラリを用いてPythonがインストールされているPCでも動作する実行ファイル(exeファイル)の作成を行う方法を紹介します。
スポンサーリンク


cx_Freezeのインストール方法

cx_FreezeはPythonの標準ライブラリでないので別途インストールが必要です。インストール方法は通常のライブラリインストールと同様にpipで可能です。

コマンドプロンプトを開いて、「pip install cx_Freeze」と入力します。インストールが開始するので終了まで待ちます。

これでインストールは完了です。

サンプルプログラム

内容はなんでも良いのですが、今回exe化するサンプルプログラムを以下に記載しておきます。

main.py
print("こんにちは!")
temp = input()

ただ文字列を入力するプログラムです。最後にコンソールが自動で閉じないようにinputを入れてありますが、必須ではありません。

実行ファイル(exeファイル)を生成する

ではさきほどのサンプルプログラムをexe化していく訳ですが、cx_Freezeのやっかいなところとして、exe化するためのプログラムを作成する必要があります。

exe化するのに必要なプログラムの作成

exe化するのに必要なプログラムはexe化したいプログラム(今回の場合はさきほどのmain.py)と同じフォルダに置いてください。

以下がサンプルコードです。

setup.py
from cx_Freeze import setup, Executable

exe = Executable(
    script="main.py"
)

setup(
    name = "APP NAME",
    description = "DESCRIPTION",
    executables = [exe],
    },
)

他にもオプションはたくさんあるのですが、最低限のものを記載しています。意味は以下に記載します。
  • script: メインファイルのファイル名を入力します
  • name: アプリの名前を入力します
  • description: アプリの説明文を入力します
これでexe化に必要なプログラムの作成が完了しました。

exeファイルの作成

では、実際にexeファイルを作成してみましょう。

コマンドプロンプトでmain.pyのあるフォルダを開いたのちに、以下を実行します。(Visual Studio Codeの場合もカレントディレクトリをmain.pyに移動してから実行してください)。
python setup.py build

実行すると、exe化が開始され、数分程度で処理が完了します。exeファイルはbuildというフォルダ内にあります。

最後に作成したexeファイルを実行して、問題なく動作するかを確認しましょう。

cx_Freeze 関連記事

https://aresei-note.com/14673

まとめ

この記事ではcx_Freezeを使ってPython実行ファイル(exeファイル)を作成する方法を紹介しました。

Python実行ファイルの作り方で悩んでいる方の参考になれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました