Playlist viewの設定と使い方 | foobar2000 基礎編

この記事ではPlaylist viewの設定と使い方を解説します。

なお、以前の記事ではColumns UIを用いて、以下のレイアウトを構築したところまで説明しています。Columns UIが分からない方はまずそちらをご覧ください。
Columns UIでfoobarのレイアウトを設定した例

この記事は「foobar2000 基礎編シリーズ」の一部の記事です。トップページや前後の記事へのリンクは以下です。
スポンサーリンク


Playlist viewとは?

Playlist viewとはプレイリスト内のアイテムをリストで表示するColumns UIの標準レイアウト要素のひとつです。

Playlist viewを使用するとプレイリスト内のアイテムをリストでわかりやすく表示できるだけでなく、カラムの要素なども自分で変更できる柔軟性を持っているため、自分好みにカスタマイズを行うことができます。

グループ規則を変更する

まずはPlaylist viewのグループ規則を変更していきましょう。

Playlist viewには複数の楽曲をグループとして表示する便利な機能がありますが、標準の設定ですと下図のように、同じアルバムであってもアーティストが異なると違うグループとしてグループ分けされて、残念ながら非常に見づらいです。

では、アーティストが違ってもグループ分けが正しく行われるようにグループの規則を変更しましょう。

グループの規則を変更するにはToolbar -> Configure -> Display -> Columns UI -> Playlist viewでPlaylist viewの設定を開いた後に、Groupingタブを選択します。

初期設定では以下のようになっていると思います。
「$if2(%album artist%,)[ / %album%]」の部分がグループの規則です。

初期設定だとアルバムアーティストが規則に入ってしまっているため、さきほどのようなグループ分けになってしまっていました。よって、アルバム名だけでグループ分けするように変更しましょう。

具体的には単純に「%album%」と変更すればOKです。

なお、この%記号の表記はThe formattingというfoobarの機能で、楽曲のタグ情報にもとづいて値が変わるフォーマット表記になっています。詳しくはこちらのサイトがわかりやすいのでオススメです。

設定後の画面は以下です。

この設定で元のPlaylist viewを確認すると、下図のようにアルバムでグループ分けされて見やすくなりました。

もちろん、The formattingを用いて自分好みのグループ分けを行うことも可能です。

アルバムアートを表示する

グループ分けがうまくいったら、続いてグループごとにアルバムアートを表示しましょう。

設定は簡単で、上部にあるカラム欄を右クリックします。すると、下図のようなダイアログが表示されるのでArtworkにチェックを入れます。

特に問題なければこれでグループごとにアルバムアートが表示されます。

背景色を交互に変えて見やすくする

続いて、下図のようにリストのアイテムの背景色を白と灰色を交互に表示するようにしてアイテムの視認性をあげましょう。もちろん、特に設定したくない場合は次のセクションにスキップしてOKです。

Configure -> Columns UI -> Colours and fontsにおいて、ElementでPlaylist viewを選択し、ModeでSystemを選択します。もしくはModeでCustomを選択し、自分の好みの色に設定しましょう。

カラムの設定を行う

Playlist viewのカラムは初期設定では下図のようになっていますが、これももちろん自分の好みの内容に変えることができます。

では、実際に設定を行っていきましょう。

カラムのサイズと順序を変更する

カラムのサイズを変更するには通常のWindowsのエクスプローラーなどど同様にカラム間をクリックしてドラッグでサイズを変更できます。

また、順序を変更したい場合はカラム要素をクリックしたままドラッグして順序を変更できます。これもWindowsのエクスプローラーなどと同じですね。

カラムを追加/変更する

カラムを追加/変更するのはConfigure -> Columns UI -> Playlist view -> Columnsタブから可能です。

ここでは例としてジャンルのカラムを追加してみましょう。

まずNewボタンを押して新規カラムを作成します。

次にTitleを変更しておきます。ここではGenreとしてました。

続いて、Display scriptに「%genre%」と入力します。ここではfoobarのThe formattingを用いて表示内容を設定します。

Applyボタンを押して設定を反映しましょう。

すると、下図のようにジャンルのカラムを追加できました。

カラムの表示/非表示を切り替える

カラムの表示/非表示を切り替えるにはカラムで右クリックしてチェックを外せば/付ければOKです。

下図の例ではLengthを非表示にしています。

その他

その他に知っておくと便利な設定や使い方を記載します。

ダブルクリックで再生開始

Playlist viewのアイテムをダブルクリックするとそのアイテムの再生が始まります。

フォントを変更する

フォントを変更するにはConfigure -> Columns UI -> Colours and fontsのFontsタブから変更可能です。

アイテム間の余白を減らすには?

Playlist viewのアイテム間の余白を減らすにはConfigure -> Playlist viewのVertical item paddingを変更します。

下図は1 pxに変更した例です。

まとめ

この記事ではfoobarにおけるPlaylist viewの設定と使い方を紹介しました。これでColumns UIに関連した基礎編は終了です。

次は各曲にレーティング(☆0~☆5)をつける方法を紹介します。
この記事は「foobar2000 基礎編シリーズ」の一部の記事です。トップページや前後の記事へのリンクは以下です。