EACでリッピングした曲にCUEシートを適用する | foobar2000

この記事ではfoobarにおいてEACでリッピングした曲にCUEシートを適用する方法を紹介します。
スポンサーリンク


参考: foobarで直接CDをリッピングする方法

この記事はEACでリッピングした曲についての記事です。

もし、foobarで直接CDをリッピングしたい場合は以下の記事をご覧ください。

EACで曲をリッピングする

まずはEACで曲をリッピングしてください。

EACの使い方そのものは省略します。EACリッピング時には左列にある「IMG」を用いて、CUEシートを取得してください。

もし、wavなどでリッピングし場合にはファイルサイズが多いので、可逆圧縮すると良いでしょう。

私はttaで圧縮しています。

CUEシートの設定を変更する

foobarは標準の設定ですと、CUEシートのインポートや編集を行うメニューが表示されていないので、表示するように設定を変更しましょう。

Configure -> Display -> Context Menuでコンテキストメニューについての設定を開きます。

そうしたら、Utilties -> Edit cuesheetのチェックを入れます。これで設定は完了です。

foobarでCUEシートをインポートする

では、さきほどEACでリッピングした楽曲データに対して、foobarを用いて、CUEシートを適用(インポート)しましょう。

まずはfoobarで適当なプレイリストを作成し、EACでリッピングした楽曲をプレイリストにドラッグアンドドロップなどで追加します。

そうしたら、右クリック -> Utilities -> Edit cuesheetを選択します。

すると下図のダイアログが表示されますので、Loadボタンを押して、CUEシートを読み込みます。

すると下図のような表示になりますので、OKボタンを押して、CUEシートを適用します。

さきほどのプレイリストを確認すると、下図のようにCUEシートの内容を反映した状態になっています。

まとめ

この記事ではfoobarにおいてEACでリッピングした曲にCUEシートを適用する方法を紹介しました。
スポンサーリンク

この記事が有用でしたら、↓にあるSNSボタン…
この記事が有用でしたら、↓にあるSNSボタンからご友人にご共有いただけますと幸いです!
foobar2000
Aresei-note