GSONでArrayListを扱う方法 | Java

GSONはオブジェクトをJSON文字列に変換し、逆に生成したJSON文字列をオブジェクトに戻すことができる非常に便利なライブラリですが、ArrayListに関しては少し注意が必要です。

この記事ではGSONでArrayListを扱う方法を紹介します。
スポンサーリンク


ArrayListオブジェクトをJSONに変換する場合

ArrayListオブジェクトをJSONに変換する場合は特に注意は不要で、他のオブジェクトと同じようにJSON文字列に変換すればOKです。

サンプルコードは以下です。
ArrayList<YourClass> list;
String json = gson.toJosn(list);

JSONをArrayListオブジェクトに変換する場合

さきほどと異なりこちらは通常の変換と表記が異なるので注意が必要です。

通常のオブジェクトであれば、以下のように変換できます。
int value = gson.fromJson(json, Integer.class);
一方でArrayListの場合には上記ではエラーとなります。ArrayListの場合には以下のように記述することで問題なく変換できるようになります。
ArrayList<YourClass> list = gson.fromJson(json, new TypeToken<ArrayList<YourClass>>(){}.getType());

まとめ

この記事ではGSONでArrayListを扱う方法を紹介しました。
スポンサーリンク

この記事が有用でしたら、↓にあるSNSボタン…
この記事が有用でしたら、↓にあるSNSボタンからご友人にご共有いただけますと幸いです!
Java
ASP 一般プログラミング

プログラミングスキルを習得して業務/転職/副業に活かしたい方へ
これからの時代は終身雇用が崩壊し、自分のスキルで食べていく時代が到来します。 そのような時代の中で、プログラミングのスキルは単純なプログラム開発業務だけではなく、データ解析などあらゆる業務で普遍的に使用できる非常に有益なスキルと考えられます。 目先の業務や将来の転職に備えて、プログラミングのスキルを習得するのはいかがでしょうか?

プログラミングを生かした副業も非常にオススメです。 転売などの手を止めると稼ぎがなくなってしまう副業と違い、 アプリやサイト運営などプログラミングを使用した副業の一部は一度公開してしまえばその後は放置しても継続してお金を稼ぐことができるという非常に良い特性があります。

一方で業務/転職/副業で活かせるレベルまでプログラミングを習得しようとすると、質問ができない独学では限界があり、挫折してしまうことが多いでしょう。

そんなときは下記のような質問しながら学習を進められるオンライン上のプログラミングスクールがオススメです!

無料体験や無料カウンセリングなどもありますので、まずは確認だけでもしてみてはいかがでしょうか?

Tech Academy
Aresei-note