更新したプラグインが動かないときの対処方法 | WordPress

WordPressにおいてプラグインを更新したところ、上手く動かなくなる場合があります。
その場合には、プラグインをロールバック(元のバージョンに戻す)ことで、上手く動いていたときの状態に戻すことができます。

この記事では私が遭遇したケースとロールバックの方法について紹介します。
スポンサーリンク

私のケース

私のケースでは、アクセスログを記録するプラグインSlimstatを4.8.2→4.8.3に更新したところ、一切、PVがカウントされなくなりました。

念の為、「Slimstat 4.8.3 not working」と検索をして調べてみると、以下のように同じ現象に会っている方がいたので、4.8.3にしたことが原因で間違いないようでした。
Slimstat 4.8.3が正しく動作しない
https://wordpress.org/support/topic/update-to-4-8-3-not-working/ より引用

プラグインのロールバック方法

プラグインのロールバック方法を紹介します。
ここでは、Slimstatを4.8.3→4.8.2へロールバックする例で説明します。

ロールバックをするプラグインの導入

ロールバックを可能にするプラグイン「WP Rollback」を導入しましょう。

導入方法は以下の2つのうちどちらかで可能です。
  • WordPress管理画面のプラグインから「WP Rollback」を検索して導入する
  • こちらからファイルをダウンロードして導入する

ロールバックを実施する

「WP Rollback」をインストールして有効化すると、プラグイン管理画面に「Rollback」というリンクが出現します。
WP Rollbackでプラグインをロールバックする
ロールバックを開始するためには、この「Rollback」をクリックします。
すると、以下のようにRollback管理画面となります。
WP Rollbackでプラグインをロールバックする
4.8.2に戻したいので、4.8.2にチェックを入れて、末尾の「Rollbck」ボタンをクリックします。
以下のように、確認画面が出るので「Rollback」ボタンを押します。
WP Rollbackでプラグインをロールバックする
すると、ロールバックが開始し、少し待つと完了します。
最後にプラグイン画面でロールバックが完了したことを確認したら完了です。

まとめ

この記事では更新したプラグインが動かないときの対処方法としてロールバックをする方法を紹介しました。

ちなみに、Slimstatは4.8.3→4.8.2へロールバックした後、再度、4.8.3にしたところちゃんと動きました。なぜ???
タイトルとURLをコピーしました