SMB v1.0を有効にする方法 | Windows

SMB v1.0を有効にする方法 | Windows
以下の記事ではスマホからWindows PC上の共有フォルダを開けない場合の原因と対処方法の一覧を紹介しましたが、
そのなかの原因のひとつにアプリがSMB v1.0にしか対応していない場合があります。 Vista以降のWindows OSではSMB v1.0がデフォルトでオフになっており、
その場合にはSMB v1.0を有効にすることでスマホからWindows PC上の共有フォルダを開くことができます。


この記事ではWindowsにおいてSMB v1.0を有効にする方法を紹介します。

SMB v1.0を有効にする方法

以下にSMB v1.0を有効にする方法を示します。


まず、コントールパネルを開きます。
次のコントールパネルの中からプログラムと機能を選択します。

左カラムにある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
左カラムにある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
中程に「SMB 1.0/CIFS File Sharing Support」というチェック項目があるので、
すべてにチェックを入れて「OK」ボタンを押します。
中程に「SMB 1.0/CIFS File Sharing Support」というチェック項目があるので、 すべてにチェックを入れて「OK」ボタンを押します。
最後にPCを再起動します。

以上で、SMB v1.0を有効にすることができます。

まとめ

この記事では、WindowsにおいてSMB v1.0を有効にする方法を紹介しました。

スマホからWindows PC上の共有フォルダを開こうとしてうまくいかない場合はこの記事の方法を試してみてはいかがでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました