Oracle VirtualBoxでドラッグ&ドロップができない原因と対処方法 | 仮想マシンソフト

Oracle VirtualBoxでドラッグ&ドロップができない原因と対処方法 | 仮想マシンソフト
この記事では、Oracle VirtualBoxでドラッグ&ドロップができない原因と対処方法を紹介します。

なお、この記事の内容は下記のコピー&ペースト(以下、コピペ)ができない件の記事と近い内容になります。
よかったら、そちらも参照してコピペができるようにしてみてはいかがでしょうか?

Oracle VirtualBoxでドラッグ&ドロップができない原因

まず、VirtualBoxの初期状態ではドラッグ&ドロップはできません。 できない原因は「Guest Additions」というソフトを仮想マシン側に入れる必要があるためです。

対処方法

よって、対処方法としては以下となります。
  1. Guest Additionsを仮想マシン側にインストールする
  2. ドラッグ&ドロップを有効化する
この後はそれぞれの手順を詳しく紹介します。

Guest Additionsを仮想マシン側にインストールする

VirtualBoxツールバー→デバイス→Guest Additions CDイメージの挿入 をクリックします。

すると、下図のようなインストールウェザードが表示されるはずです。
表示されない場合は仮想マシン側のCD/DVDの自動再生を有効化し、再度CDイメージの挿入を実施してください。

「Next >」ボタンを押します。

インストール場所を聞いてきます。
「Next >」ボタンを押します。

インストールオプションを聞いてきます。
そのままで、 「Install」ボタンを押して、インストールを開始します。

インストールが開始すると途中で下図x3のようなインストールの警告が表示される可能性があります。
いずれとも「続行」ボタンをクリックします。

下図になればインストールは成功です。

「Reboot now」にチェックが入った状態で「Finish」ボタンを押して仮想マシンを再起動させます。
(※再起動させないとクリップボードの共有が失敗します)

ドラッグ&ドロップを有効化する

ドラッグ&ドロップを有効化するには、
VirtualBoxツールバー→デバイス→ドラッグ&ドロップ→双方向
をクリックします。
ドラッグ&ドロップを有効化する

ドラッグ&ドロップを有効化したら、
ホスト側から適当なファイルをドラッグ&ドロップして、
ファイルの転送が成功するか?を確認しましょう。

まとめ

この記事では、Oracle VirtualBoxでドラッグ&ドロップができない原因と対処方法を紹介しました。

コピペを有効にする方法も今回とほぼ同様ですので、ついでにコピペを有効にしてみてはいかがでしょうか?
以下の記事にまとめています。
タイトルとURLをコピーしました