Toastを表示させる方法 表示位置を変更させる方法 | Androidアプリ開発

Toastはユーザに情報を簡単に伝えられる便利な機能です。

Toastとはなに?という方は下図をご覧ください。
こんな感じの表示を見かけたことがあると思います。これがToastです。
この記事ではToastの表示方法や表示時間・位置の変更方法を紹介します。
スポンサーリンク

Toastを表示する方法

Toastを表示するサンプルコードは以下です。
Toast t = Toast.makeText(context, "これがToastです", Toast.LENGTH_LONG);
t.show();

1行目

1行目はToastのオブジェクトを生成しています。
オブジェクト はnewではなくて、makeTextメソッドを使用して生成させます。

makeTextメソッドの各引数の意味は以下です。
引数番号意味解説
1ContextオブジェクトActivityオブジェクトなどを指定しましょう
2ToastメッセージToastに表示する文字列を指定します
3表示時間表示時間は以下の2通りあります。
・LENGTH_SHORT
・LENGTH_LONG
詳細は後で後述します。

2行目

生成したToastオブジェクトに対して、showメソッドで実際に表示させます。
スポンサーリンク

Toastの表示時間

表示時間は
・LENGTH_SHORT(=2秒ぐらい)
・LENGTH_LONG(=4秒ぐらい)
の2種類があります。
(逆に言うとたったの2種類しかありません;;)

以下にSHORTとLONGの比較をGIF動作で紹介します。
(動画の始点は揃えていません。すみません)
LENGTH_SHORT
LENGTH_LONG















スポンサーリンク

Toastの表示位置の変更方法

今までの例ではToastは画面下部に表示されていまししたが、
表示位置を変更することができます。

表示位置を変更するにはさきほどのコードにsetGravitiyを追加します。
t.setGravity(Gravity.CENTER, 0, 0);

そのサンプルコードを実行すると下図のように、中央に表示できます。

setGravitiyの引数を以下に紹介します。
引数番号意味解説
1Gravitiyオブジェクト表示位置を指定します。

指定可能例をあげると、
CENTER, CENTER_HORIZONTAL,
CENTER_HORIZONTAL,TOP
などがあります。

上部の中央寄せにしたい場合は
CENTER_HORIZONTAL | TOP
と指定します。
2xオフセットpx単位でxオフセットを指定します
3yオフセット px単位でyオフセットを指定します
スポンサーリンク

ToastとAlertDialogの使い分け

ToastとAlertDialogの使い分けについて触れておきます。

Toastは今までの例と見せたように一時的にしか表示されないため、
ユーザにちょっとした情報を伝えたいときに使用しましょう。

例えば、ユーザがファイルを削除を指示して、
無事に削除できたときなどはToastでお知らせすると良いと思います。


一方で、AlertDialogはユーザがアクションを起こさないと消せないため、
必ず伝えなければならない内容をお知らせしたいときに使用しましょう。

また、AlertDialogはOK,CancelボタンだけでなくViewを設定できるため、ユーザとの対話に便利です。
ユーザに判断を仰ぐときなどはAlertDialogを積極的に使用すると良いでしょう。
スポンサーリンク

まとめ

この記事ではToastの表示方法や表示時間・位置の変更方法を紹介しました。
Androidアプリ開発
スポンサーリンク
Androidアプリ開発 記事一覧
Androidアプリ開発 記事一覧
Androidアプリ開発の記事一覧を以下にまとめています。
良かったらご覧ください。

Androidアプリ開発 記事一覧
カテゴリ広告: Androidアプリ開発
スポンサーリンク: Androidアプリ開発を個人レッスンで学ぶなら...?
Androidアプリ開発は一人で学んでいても限界があります。
そこでオススメなのがオンラインでAndroidアプリ開発を学べる「コードキャンプ」。
個人レッスンで丁寧に教えてくれます。

無料レッスン体験も可能なので、まずは無料体験から試してみてはいかがでしょうか?

Androidアプリ開発個人レッスン
一般広告: モバイルバッテリー
スポンサーリンク
Aresei-note
タイトルとURLをコピーしました