Windows 10においてブルースクリーンを有効にする方法

Windows 10においてブルースクリーンを有効にする方法
以下の記事では、Windows PCの電源が勝手に落ちる場合の調査方法を紹介しました。 その中で、調査方法のひとつとして、「ブルースクリーンのエラーメッセージを確認してみましょう」と記載しました。

一方で、Windows 10のデフォルトの設定ではシステムエラー発生時にブルースクリーンを表示せずに再起動するようになっています。

そこで、この記事ではWindows 10において、ブルースクリーンを有効にする方法を紹介したいと思います。
スポンサーリンク

Windows 10においてブルースクリーンを有効にする方法

まずスタートメニューにて「コントロールパネル」と検索し、コントロールパネルを開きます。

次に、コントロールパネルにて「システム」を選択します。

左カラムにある「システムの詳細設定」を選択します。
システムの詳細設定を選択

「詳細設定」のタブを選択→「起動と回復の設定」ボタンを押します。
「詳細設定」のタブを選択→「起動と回復の設定」ボタンを押します
「自動的に再起動する」のチェックボックスを外して、「OK」ボタンを押します。
最後にPCを再起動すれば作業は完了です。

以上で、次からPCがクラッシュした際にブルースクリーンが表示されるようになります。
(※CPUの熱暴走などのBIOSレベルのシステムエラーの場合にはブルースクリーンが表示されないこともあります)

まとめ

この記事ではWindows 10のPCにおいてブルースクリーンを表示させる方法を紹介しました。

ブルースクリーンを有効にすることで、パソコンのクラッシュの原因を特定することができる場合もあります。

クラッシュで困っている方はこの記事の内容を実施してみてはいかがでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました